二の腕のたるみを引き締め綺麗に見せる筋トレ5選

二の腕のたるみが気になって、二の腕太り解消に乗り出すのはいいんですが、どうやってこの嫌なたるみを解消して、二の腕痩せで良い結果が出るかわかりませんよね。

わかってればとっくに二の腕は引き締まって綺麗な腕作りは成功しているでしょうし。

この二の腕のたるみについては、まず腕の筋肉にはどのような部位があるのかもわかっておいたほうが良い結果が出やすいので、二の腕筋トレのメリットや二の腕のたるみを引き締め綺麗に見せる筋トレを今回は紹介していきますね。

 

二の腕を細くすることができずに悩んでいませんか?

二の腕を細くするヴィーネルアームシェイパーを着ければ、二の腕痩せも超簡単に行うことができます^^

ふくらはぎにも着けれるから全身が痩せやすい体に!

この二の腕シェイパーを使えば、超簡単に二の腕痩せができますよ^^

>>ヴィーネルアームシェイパーの詳細はこちら

筋トレで二の腕は太くならない?二の腕筋トレのメリット

海外では身体を鍛えるのは生活の一部になっているのに対し、日本では芸能人を筆頭にブーム化してきているとはいえ、まだまだ筋トレ文化が浸透するのにはもう少しかかりそう。

 

悲しいことではありますが、筋トレに関しての知識が間違って浸透していることが多いのではないかなと思います。

 

その代表例と言ってもいいものが、「二の腕を鍛えると腕が太くなる」ということ。

 

筋トレを始める前に必ずと言っていいほど出る心配事が、

・筋トレをして身体が筋肉で太くなりすぎてしまうのが嫌だからやりたくない。

・腕に異常に筋肉がつきすぎてゴツゴツするのも、二の腕がたるむのと同じぐらいいやだ。

といったことではないでしょうか。

 

このまま誤解されていると、いつまでたっても二の腕痩せ・引き締めを行うことができないので一言いうと、正しいやり方をすれば二の腕が太くなることはまずありえません。

 

芸能人でも筋トレをメインにしたダイエットに成功した方も多くいると思いますが、筋トレで二の腕が太くなったと言っている人はいないです。

芸能人でダイエットに成功した例を挙げると、ダレノガレ明美さんがかなりいい例なのですが、ダイエット前とダイエット後の姿は見違えるほど変化しています。

 

ダレノガレ明美さんのビフォーアフター↓↓

 

ダレノガレ明美さんが太っていた頃は、体全体に肉が付いている感じでぼてっとして見えます。

しかし、ダイエットに成功したことで顔のラインもシュッとなって、元の綺麗さにも磨きがかかっていますよね。

 

ビフォーアフターを見ての大きな違いは、二の腕が太いか細いかで第一印象が全く違うということ。

その二の腕なんですが、ダレノガレ明美さんは筋トレや食生活の改善でダイエットを成功させたみたいです。

でも、筋トレを行なっても二の腕は太くなっていませんし、逆に細く引き締まっていますよね。

>>【女性必見!】ダレノガレ明美の二の腕の痩せ方!ダイエットで体重も-2kg減!?

 

その他にも、最近ではストイックに鍛えているトレーナーの方をテレビでよく見かけるようになりましたが、本当に自分の理想の体に近づくために、徹底的に鍛えてますよね。

極端な言い方になりますが、まるで筋肉に人生を捧げているかのような形相で鍛えていると思います。
(実際にそうだと思うのですが。)

 

何が言いたいのかというと、それくらい力を注がなければ太い筋肉はつかないということ。

それが女性にもなると男性とは筋肉のつき方が違うので、鍛えれば鍛えるほど二の腕がたくましくなるという結果にはなりません。

 

ここで誤解してほしくない部分は、太い筋肉をつけることが難しいのであって、二の腕を引き締めることが難しいということではありません。

 

つまり、二の腕に効果的な筋トレを正しく行えば、二の腕を引き締めることは簡単です。

 

毎年、夏や肌を露出し始める季節で二の腕のたるみが気になって憂鬱になっていませんか?

たるみを解消することはあなたが思っているよりずっと簡単で単純。

 

身の周りのものを使って鍛えることができるので、自宅でも時間が空いたときにいつでも始めることができます。

・二の腕を引き締めるうえで重要なこと→きついトレーニングは必要なし

・筋トレするメリット→筋肉もつけながら魅力的な二の腕を手に入れることができる

以上、2点をしっかり頭に入れて筋トレに取り組んでほしいなと思います。

 

二の腕のたるみを引き締め綺麗に見せる筋トレ5選

腕の筋肉は大まかに分けると「上腕三頭筋」「上腕二頭筋」「前腕筋」の3つに分けることができます。

 

上腕二頭筋=ちからこぶと言われる部分。

上腕三頭筋=ちからこぶの裏側で、タプタプしてしまう部分。

前腕筋=肘周りの部分。

 

まずは、この3カ所を鍛えている様子と腕の筋トレを行なっても腕は太くなるのではなく引き締まることがわかる動画を紹介しておきます↓↓

 

魅力的な腕・理想の二の腕に近づけていくには、この3ヵ所を分けて鍛えるのが理想的。

そこで、トレーニングで行う動作はどれも簡単ですが、二の腕痩せ・引き締めに効果的な「二の腕細見せ筋トレ5選」を紹介していくので、5つの中からまずはやれそうな種目からぜひ挑戦してみてください!

 

1.ダンベルのアームカール(上腕二頭筋)

<ダンベルの重さ>

2㎏

<セット数>

15回×3セット

<ポイント>

上腕二頭筋(ちからこぶ)を鍛える王道とも言える種目です。

しっかりと筋肉に効かせるコツは、肘をなるべく前後に動かさず上下させることですが、このときに手首を親指側にひねることで更に効果が上がります。

 

・ダンベルのアームカール参考動画(1分28秒〜)

 

2.ダンベルのトライセプスエクステンション(上腕三頭筋)

<ダンベル>

2㎏

<セット数>

15回×3セット

<ポイント>

上腕三頭筋(ちからこぶの裏側)を鍛える種目です。

肘を前後させないように、手首を小指側に曲げながら上げきって、1秒止めてから下げます。

上腕三頭筋は押す筋肉なので意識しながら上げるようにしてください。

しっかり鍛えることで腕のたるみを無くす効果があります。

 

・ダンベルのトライセプスエクステンション参考動画(37秒〜)

 

3.ダンベルのハンマーカール(前腕筋)

<ダンベル>

2㎏

<セット数>

15回×3セット

<ポイント>

ダンベルは縦にして行い、腕が90度になるまで上げてから下げてください。

ここで注意点ですが、下ろすときは真っすぐになるまで下さずに少し曲げた状態までで、また上げていくといった風に繰り返し行ってください。

こうすることで負荷がしっかりと筋肉にかかります。

肘周りの筋肉の引き締め効果があります。

 

・ダンベルのハンマーカール参考動画(52秒〜)

 

4.自重のリバースプッシュアップ(上腕三頭筋)

<自重>

身体の重さ

<セット数>

5回×3セット

<ポイント>

行う方の体重により負荷が変わってきます。

負荷が比較的高いため、回数は5回を3セットこなせるようになってから、回数を増やしていくといいかと思います。

5つの中で一番効果が出る種目であり二の腕のたるみを引き締める効果が絶大です。

 

・自重のリバースプッシュアップ参考動画

 

5.ペットボトルを使ったサイドレイズ

<ペットボトル>

500ml(中身入り)0.5㎏

<セット数>

10回×3セット

<ポイント>

ポイントは肘から上げていき、小指を上にしてあげるイメージで行うようにすること。

これが、肘が下がって親指が上にきてしまうと、二の腕にしっかり負荷がかからず二の腕を細くするための筋トレとして効果が落ちてしまいます。

このサイドレイズは、肩から二の腕にかけて引き締めを行うことができるので、上記の4つの筋トレでとることができなかった脂肪を引き締めるのに、かなり効果的ですよ!

 

・サイドレイズ参考動画

 

二の腕のたるみを引き締め綺麗に見せる筋トレ5選まとめ

 

今回は、「二の腕のたるみを引き締め綺麗に見せる筋トレ5選」を紹介していきました。

 

上腕三頭筋、上腕二頭筋、前腕筋、それぞれの部位を鍛える種目を紹介していきましたが、意外とちからこぶを鍛えたら腕のたるみが無くなると思っていませんでしたか?

 

鍛えてたるみが無くなるのはちからこぶの裏側なので、二の腕に負荷がかかる筋トレを行うことが重要なんです。

筋トレで正しい知識を身につけて適切に鍛えていくことで理想とする身体に近づけることができます。

 

今回は腕だけにフォーカスして筋トレの種目を紹介してきましたが、全身の筋肉を鍛えていくことでより健康的で綺麗な身体づくりができるので、少しづつ他の部位の筋トレも実践していくことをおすすめします。

 

まずは、今回紹介した二の腕痩せの筋トレ法を実践してみてください!

 

二の腕痩せを効果的に進めていくための方法はこちらでも紹介しているので一緒にチェックしておいてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA