二の腕を細くする方法!ジムの筋トレで行う痩せ方3選!

「二の腕を細く引き締めたいけど、たるんで太くなってしまって痩せることが全然できない・・・」

こんな悩みを持つ女性はたくさんいると思いますし、あなたもそうじゃありませんか?

特に暖かい時期になると、二の腕が綺麗に細く痩せているとオシャレで選べる服も変わってきますしね。

今回はこの二の腕細く綺麗に見せるための筋トレをジムのマシンで行うことに注目して紹介していきますので、ぜひ二の腕痩せの参考にしてみてくださいね!

二の腕を細くするための筋トレをジムのマシンで行うメリット

脂肪がついてたるんでしまった二の腕を気にしている女性は結構多いですよね。

女性は二の腕に脂肪がつきやすく、放っておくといつの間にか脂肪や水分で太くなってしまいます。

特に、夏場に袖の短い服を着た時は、二の腕が太い状態だと体も大きく見えてしまうので、マイナスイメージを与えがち。

そこで、二の腕を引き締めるためにエクササイズを行うことをおすすめしているんですが、実は二の腕は正しい鍛え方を知らないと意外と鍛えるのが難しい場所。

腕立て伏せなどをしていても、「これって本当に二の腕に効いてるのかな?」と思うことも多く、特に運動が苦手な方には難しく感じると思います。

そこで、運動が苦手な方や筋トレ初心者さんは、二の腕痩せを効果的に行うために、ジムの筋トレマシンを活用して二の腕を引き締めることをおすすめします。

 

筋トレの中・上級者になってから出ないとジムのマシンは使わない方がいいと考えている方もいると思いますが、筋トレ初心者だからこそジムのマシンを活用することで、正しい二の腕の筋トレのやり方を覚えることができます。

ですので、ジムのマシンを使って二の腕痩せを実践するのはかなりメリットが大きいと断言できます。

二の腕は自重トレーニングで引き締めることができるのですが、正しいフォームで行わないと二の腕に負荷がかからなかったりします。

 

その点、ジムのマシンを使って筋トレを行うことメリットは、

・マシンを使うことで重さをコントロールできる。

・個々人に合った刺激を与えたい筋肉にいれることが可能になる。

大きく分けると上記のようなメリットがあります。

 

筋トレを行うと、どうしても人間は徐々に刺激になれてきます。

ですので、重さに慣れてきたら少し重量を上げてトレーニングするという流れにしていけば、筋肉は効果的に鍛えられていくというわけです。

これは漸進性の法則といって、筋肉を大きくしたい人はもちろん体の部位を痩せさせる(引き締める)意味でも重要な理論があるんです。

 

さらに、ジムのマシンでトレーニングを行うことで、正しいフォームと軌道で行うことができるので、余計な筋肉を使うこともなく、二の腕をピンポイントで鍛えることができ、効率性もグンっとアップします。

ただ注意してほしいのは、ジムのマシンを使う際に、自重でかけることができない負荷を扱ったりもするので、怪我のリスクもあるということ。

筋トレ初心者の方の場合は、最初から重い重量を使わなくても大丈夫ですし、二の腕痩せの筋トレは軽い負荷でもOKなので、怪我のリスクは低いですがダンベル同様に重い重量を扱うマシンだというのは忘れないようにしてください。

ジムのマシンの使い方などは最初はわからないことが多いと思うで、まずはジムのトレーナーやスタッフの方に使い方を教えてもらうといいですよ。

 

二の腕痩せで即効性が高いマッサージや寝たままの状態で二の腕を簡単に細くしたかったら、こちらでも紹介しているので一緒にチェックしてみてください。

>>二の腕痩せ!即効性の高いマッサージ&ストレッチ5選

>>二の腕を細くする方法!1週間寝たままできる痩せ方5選

 

二の腕を細くする方法!二の腕痩せに効くジムのマシンを使用した筋トレ3選

では、実際にジムのマシンを使用した二の腕痩せに効く筋トレのやり方を紹介していきます。

 

二の腕を細くするジムの筋トレ①トライセプスプッシュダウン

まず基本的なやり方を解説します。

参考動画を紹介しているのですが、動画にもある通り、まずは背筋をまっすぐにしておくことがポイント。

背中が曲がってしまうとうまく刺激が入りません。

また、肘を曲げる際には肩を少しすくめるような感じにし、そこから前腕の力を使わずに、二の腕で重りを「押し込む」感覚を持って行うようにしてください。

この「押し込む」という感覚は、二の腕の筋トレにおいて1つのキーワードになります。

というのも、二の腕(主に上腕三頭筋)は、ものを押す際に使われる筋肉だからです。

ですので、重りを「押し込む」ことで二の腕に刺激を入れることができます。

是非、二の腕トレーニングの際は意識してみてくださいね。

 

二の腕を細くするジムの筋トレ②ケーブルプレスダウン

ケーブルプレスダウンは紐状のケーブルを持って、二の腕を引き締める筋トレになります。

参考動画も紹介しているので、具体的なやり方のイメージは動画を見ていただければと思うのですが、ケーブルで鍛えるメリットは、鍛えたい部位への刺激が逃げにくいという点にあります。

ダンベルで二の腕痩せの筋トレを行うと、特定のポジションでしか刺激が入らなくなってしまうことがありますが、ケーブルではこういったことがなくなります。

その分、きつく感じることもありますが「筋肉に効いている」という感覚はかなり強く持てます。

やり方のコツとしては、ケーブルを下におろす際に、腕を「絞る」感覚で行うということ。

「絞る」というのは、腕を下げた際、小指を外側に出すイメージを持つと考えやすいと思います。

腕を絞らないと二の腕に刺激が入らず、肩にばかり刺激が入ってしまうので効果が半減してしまいます。

回数をこなすことが大事ですので、最初は軽い重量を使って行うようにしてみてください。

あまりに重い重量を扱ってしまうと、下半身の力を使ってしまったり、腹筋の力を使ってしったりなど、肝心の二の腕に刺激が入らなくなるので注意してくださいね。

私も筋トレを始めた当初、腕を太くしたいと思い、高重量でプレスダウンを行っていましたが、翌日筋肉痛が起きたのは腹筋だったということがあります。

いかに、二の腕(上腕三頭筋)に意識をもって行えるかを実感した瞬間でしたので、鍛える部位は「二の腕」ということを常に意識しながら実践してみてくださいね。

 

二の腕を細くするジムの筋トレ③スミスマシントライセプスエクステンション

最後は、スミスマシンを使用したトライセプスエクステンションです。

スミスマシンで行うことで軌道が安定しますので、筋トレを始めたばかりの方や女性にとっては安全かつピンポイントで二の腕を鍛えることができます。

女性の場合には、スミスマシンに重りをつけるのは不要でバーの重さだけでOK。

上級者になると、バーベルやEZバーを使用して行う方もいますが、バランスを崩すと肘に負荷がかかり過ぎてしまったり、後ろに倒れてしまったりと怪我の原因になってしまいます。

私の場合は肘の調子があまり良くないためスミスマシンを使っているのですが、肩や肘に不安がある方にはおすすめ。

やり方のポイントとしては、バーをあげる時にしっかり二の腕を伸ばすことを意識するということ。

疲れてくると、どうしても肩の筋肉を使ってしまいがちになり、そうすると僧帽筋(肩)のトレーニングになってしまうので注意してくださいね。

 

二の腕を細くするためにジムの筋トレマシンを使用する際の注意点

二の腕については、「この筋トレ種目は効くけどこれは効かない」ということも結構あります。

私の場合は、今回紹介したケーブルを使用したプレスダウンが最も二の腕に刺激を入れることができます。

肘を故障しているということもあると思いますが、まだまだフォームをマスターできていないということかもしれません。

それだけ、二の腕の筋トレは地味ながらに難しいということもあります。

まずは軽めの重量で正しいフォームを学び、回数をこなすことで二の腕をシェイプしていきましょう!

>>二の腕が痩せない原因を徹底解説!

 

二の腕を細くする方法!ジムの筋トレで行う痩せ方3選!まとめ

今回は「二の腕を細くする方法!ジムの筋トレで行う痩せ方3選!」について紹介していきました。

筋トレ初心者さんや運動が苦手な方は、そもそもジムに行く経験もほとんどないでしょうし、マシンを使ったことがないと思います。

ただ、何回かジムのマシンで二の腕の筋トレを行ってみると、二の腕にピンポイントで刺激が伝わるので、これで二の腕が引き締まっていくんだなと実感しやすいと思います。

加えて、二の腕の筋トレは基本は毎日行う必要もなく2〜3日行うだけで大丈夫なので、このスパンで二の腕痩せの筋トレをジムのマシンを活用すると早い段階で二の腕を引き締めていくことができます。

百聞は一見に如かず!という言葉もありますので、一度ジムで今回紹介した方法を試してみてください。

 

ちなみに、ジムのマシンで筋トレを行なって二の腕痩せを行うよりも、もっと簡単に、なおかつ寝たままの状態で二の腕を細くする方法について、下記でも紹介しているので一緒にチェックしてみてくださいね!

>>二の腕を細くする方法!1週間寝たままできる痩せ方5選

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA